絶対に買うべき!オススメアイテム!

使ってみてほしい!愛用のサーモス保冷缶ホルダーの紹介

今回は私が買ったもの中でも満足度が最高峰で毎日愛用しているサーモスの保冷缶ホルダーを皆様に共有したいと思いご紹介したいと思います!

この記事をご覧なっている方は少なからず興味がある方だと思います。少しでもいいかも。って感じたらぜひご購入をオススメします。私が感じたこの感動をあなたにも知ってもらいたいです!

まず最初にこれの何が最高なのか三大ポイントをご紹介します。

ここが最高! サーモス保冷缶ホルダー 3大ポイント

  • 1、 まず当たり前なんですけど全然!ぬるくならないです。ずっと冷えたまま!なので缶の形状も相まって炭酸も抜けにくいです。半日ぐらいならずっと美味しい状態で飲むことができます。
  • 2、 缶が結露しない!夏で暑かったり、冬でも暖房であったかい部屋だったりすると缶ってめっちゃ結露でびちょびちょになりますよね。手もびちょびちょになるし机に水たまりできるし滅茶苦茶ストレスですよね。それがまったくないです。めっちゃ快適!
  • 3、 グラスやタンブラーと違い内容物を中に注ぐわけではないので毎回洗ったりする必要がないからめちゃくちゃ楽。正直まったく洗う必要感じないレベルです。だってまったく汚れないから…。でも気分的にたまに洗ってあげます(笑)

私はとにかく飲み物を飲むのが大好きで得にコーラが大好きなんですがちょっと前まではコンビニで缶のコーラ買って普通に飲んでいたんですね。ただやっぱりすぐぬるくなっちゃうしびちょびちょになるしでこれはなんとかできないものかなーっと考えていて。

最初は真空断熱タンブラーの購入を検討していたんですね。 ただなんとなくあんまりピンとくるものがなかなかなくて。

そんな感じで色々探していて出会ったのがこのサーモスの保冷缶タンブラー。

もうね。見つけた時の衝撃たるや(笑)

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__l_l / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

ピン!!!ときましたね直感でこれだああああああ!とw

もう速攻購入ボタン押してましたね。いつも買ってる缶ジュースそのまま入れるだけじゃん!!しかも安い!みたいな(笑)

そして商品が届いて使用して見たときの感動もすごかったですね。この商品の凄さは上で語った通りなんですけどほんとに買ってよかったし、人にもオススメしたい物の筆頭ですね。実際職場の人にも「これめっちゃいいよ!使ってみて!」ってオススメしまくってますし、プレゼントとかにもよく候補になります。だって絶対に喜んでもらえる自信があるから。

もう2年ぐらい使っていますがまったく劣化しないのもグッドです!壊れるようなものじゃないし一生使えるんじゃないかな。

どうでしょうか。「いやwめっちゃ良く言うじゃんwそんな良いの?w」と思われたかもしれないですが実際めちゃくちゃいいからしょうがないです(笑)はっきり言います。ほんの少しでも良いかも?って思ったら買ってください!もう一度言います

買ってください!!\( ‘ω’)/

大事なことなので二回言いました( ゚Д゚)

本当に良いものってまじで人に薦めたくなるんですよね。だって自分と同じ感動を体験してもらいたいし、共有したいから。なんかやたらといろんなものオススメしてくる親戚のおばちゃんがいたけど今なら気持ちがわかるっていう(笑)

楽天市場でもアマゾンでも買えます。値段もお手頃で最高の生活を手にすることができますよ!

ここからはおまけです。ちょびっとサーモス保冷缶ホルダーも関係あるよ!正直結構面白い話だと思っているのであんまり興味ないなぁって人も時間があったら読んでみてほしいです!

ほとんどの人が知らない!?生ビールの真実

今では園児たちに美味しい給食を作ることをやりがいに仕事をしている私ですが昔は飲食店で働いておりました。得に居酒屋で10年近く働いていて東京の田町の100席近くある居酒屋で店長をしていた経験もあります。なので飲食に関しては一般の方より多くの情報や経験を持っているわけですが…

そんな私が断言します!言い切っちゃいます。

世の中のほぼ全ての飲食店で飲むことのできる生ビールの味、クオリティはせいぜい50~60点です…!

飲食店の皆様、真実を話してしまいすみません…。おや?だれか来たようだ?…うわ!なにをするヤメロー…!

と、まぁ業界の人に消されてしまいそうなぐらいには危険な話風なんですけど、別にそんなことはなくて ビールにめちゃくちゃ詳しい人や真剣に居酒屋やってる人なんかだと割とベターな話です。

「いやいやいや!あのお店で飲む生のビールだから最高なんじゃん!」という方もいるでしょう。たしかにそうなんですよね。あの雰囲気、キンキンに冷えてジョッキに専用のサーバーから注がれるビール、美味しい料理。最高に旨い!!ですよね。

ではなんでほとんどの飲食店で50~60点なんていうんだよ、と思われるかもしれませんがちゃんと理由があります。それをご説明します。結構単純な理由です。

まず大前提としてお店のサーバーで樽から注がれる所謂生ビールも、缶ビールも瓶ビールも中に入っているものは一緒です。メーカー様の工場にて最高の状態にて詰められているわけです。

つまりそこが100点満点の生ビールなわけです。

この話の根拠というか私自身知ったキッカケていうのが居酒屋の店長時代に各地の店長陣がサントリーさんの研修センター集まり最高に美味しい生ビールを提供するためのノウハウを研修しよう!というときに聞いたサントリーの人の話なんですよね。ちなみにめっちゃすごい人。ビール工場を作る際に地質、水質から調べてビール作りに携わっているような方、ビールのプロ中のプロ。レジェンド。

その方がいうんですよ。「お店の生ビールと缶ビールだったらどっち飲みたいかって?そりゃ缶ビールだよ!」ってねw

超余談ですけどこの方がサーバーから注ぐ生ビールはめちゃくちゃ旨いです。上手いじゃなくて旨いです。いうてプロである居酒屋店長陣が今までの経験や知識でそれなりに自信あるビールの注ぎ方で注いでみるんですけどこのレジェンドが入れるとほんとにさらにおいしくなるんですよ…!まじですげぇ。

つまりですね。樽やら缶に詰めたものがメーカー様自慢の100点満点のビールの状態だからそこから先は減点しかないわけですよ。

  • ・サーバーのガス圧(なんか気の抜けたビールだなぁと感じたことありませんか?はい-10点)
  • ・樽側のコックの毎日洗浄、実際にビールの出てくるコックの毎日洗浄、樽からサーバーへビールが通るためのホースのスポンジ洗浄(なんかちょっとビール臭いかもって感じたことありませんか?はい-10点)
  • ・ジョッキやグラスが徹底的に綺麗に洗浄されているか、また適切な冷たさに冷やされているか。グラスは常温とかでぬるいなんて論外ですし、グラス専用の冷蔵庫に入れて冷やすのは当然として、霜が張るぐらい冷やしすぎてもだめです。(グラスになんか口紅とか油ついてるんですけど…とか温いなぁとか霜で味が薄まってるわぁと感じたことありませんか?はい-10点)
  • ・あと上でも少し余談で触れましたがビールを注ぐ人間の技量でビールの味わいが格段に変わってしまったりしまいます。なのでメーカー様では美味しいビールを入れる技術や知識を持っている人材がいる店舗に対しては「樽生達人認定店」とかそういったものでこのお店では美味しいビールを飲めますよーとかっていう認定を出してたりします。ただ飲食店もなかなかシビアな世界なので大きなお店ではすべてのアルバイトちゃんに落とし込むことが難しかったりします…。大学生とかだと就職等でいなくなってしまい入れ替わりも激しいですし。(下手っぴなビールの注ぎ方だなぁと感じたことありませんか?はい-10点)

はい、というわけであっという間に60点のビールの完成です。とまぁ正直言いだすときりがないんですが、本当に美味しいビールを提供するためにしなくてはならないことってめちゃくちゃあるし大変なんですよ!

ビールの適正ガス圧なんて季節や気温で変わってしまうのでまめにチェックが必要ですし、そもそも経験の浅いアルバイトちゃんだとガス切れに気づけなかったり。

毎日営業終了後に20~30分かけてサーバーの洗浄をきっちりやって(やっている店が大半だと思いますが正直やってない店もたくさんあると思います。そうゆうお店はビールが臭いので我々プロは一発でわかります)グラスのためだけに冷蔵を用意してさらにそれを置くためのスペースを用意して、根気よく美味しいビールの注ぎ方を従業員に教えていく。

私自身、プライドを持って真剣に仕事をしていたので上記の事を意識して美味しいビール提供するぞおおと仕事に臨んでいましたが毎日毎回すべての一杯のビールを必ず100点満点で提供できていたかというと恥ずかしながらできていなかったと思うんですよね。いやほんと大変なんですよ…。

なのでやっぱりほんとに拘りに拘った一部のお店以外で100点満点のビールを飲むのは無理だと思います。たまにちょっとお高いBARとか一杯〇〇〇〇円、たっか!みたいなとこもありますけど、そのお店がほんとにめちゃくちゃビールに拘っていて真剣にすべての課題に取り組んでいて実際最高の生ビールがでてくるなら私はぜんぜんアリだと思います。すごい労力が掛かりますから。

まぁたいていはガッカリするんですけどね…(笑)

ちなみにここまで言っておいてなんだそりゃって話なんですけど私はやっぱり飲食店で飲む生ビールの旨さは別格だと思っております。勘違いしないでほしいんですがほとんどの飲食店や居酒屋で真面目に働いてる人間にとっては上記は当たり前の話であって美味しい生ビールを提供するために日々粉骨砕身してます。それでもなお生ビールというものは奥が深く難しく、だからこそ最高なんですよね。

・・・あ、気が付いちゃいました?なんでこんなおまけ話したかって。そうなんですね。何が言いたいかというと…

缶ビール飲むならサーモス保冷缶ホルダー!!!

って話に繋げたかっただけなんですねw

冷蔵庫で缶ビールをキンッキンに冷やしておけばメーカーの工場で作られた最高の状態のビールがそこに!!!それをグラスに注いで飲むのも素晴らしくいいものですが、あぁここでまたグラスのコンディションがッッ。

大丈夫です。サーモスの保冷缶ホルダーに入れて飲めば100点満点のビールが缶からあなたの口へ!喉へ!直接ダイレクトアタック!産地直送~♪

さぁこれを使えばあなたの晩酌ライフを一段階も二段階もランクアップ!

サーモス保冷缶ホルダー!! \( ‘ω’)/ウオオオオオアアアーーーッ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です